テキトーにひとりごと(サブブログ)

過去記事の保管庫的な感じです

【過去記事移転】日本対ウクライナの感想

※過去記事の移転です

本日2018年3月27日(火)に、日本対ウクライナが中立地ベルギーにて行われました。

試合は1-2で日本は敗れました。

この試合の問題点

私の予想スタメンとはだいぶ異なるものになりました。

ですが、今回のスタメンはマリ戦と違って個人的には良いメンバー選択だと思いました。

大迫が試合前に怪我したとのことで、ワントップに武藤や岡崎を試すいい機会でしたが、そもそも呼んですらいないのが不満点ですね。

杉本は良い意味でも悪い意味でも試合でどれぐらい出来るかはおおよそ想像できると私は考えています。なのでウクライナ戦で岡崎、武藤の可能性を観てみたかったなという印象を受けました。

マリ戦のような、テストプレイヤーを複数入れるといったような選択はしていないので、FW以外は良いスタメン選考ですね。

戦術面ではハリル戦術の要の大迫がいないので、前回のマリ戦のようなロングボールはボールを失いやすくなります。このような状況でどのような戦い方になるのか。

そして選手個人では、特に柴崎は本番でスタメン出場できるだけの能力を持っている選手なので要注目して試合を振り返っていきましょう。

試合中のフォーメーションは↓です。

原口 杉本 本田
柴崎
山口 長谷部
長友 槙野 昌子 酒井高徳
川島

ウクライナ戦のハイライト

ウクライナは全員が上手く、また全力で来てくれたので非常に有意義な親善試合になりました。

テレビで観ていても見どころのある面白い試合でしたね。

特にウクライナセンターバックのラキツキーという選手のパスが非常に上手かったです。フンメルスみたいなロングパスの精度で驚きました。今のドルトムントに欲しいぐらいですね

今日の日本は試合の入りが良かったですね。ボールを失ったらすぐに切り替えてプレスし、攻撃では相手のゴール前で長友、山口、長谷部、本田、柴崎が良いテンポでショートパスを繋げている場面も見受けられました。

しかしながらそれも最初だけで、基本的にはウクライナペースで試合が進行していきます。そんな中でも柴崎は動きが素晴らしかったですね。

前半10分、
シャルケのコノプリャンカが抜け出し、良いクロスをあげましたが川島がナイスセーブ。

コノプリャンカは前半開始早々から何度もチャンスを作っていました。

というよりは酒井高徳の右サイドが集中的に狙われていました。

ウクライナはヤルモレンコが怪我でいませんでした。ヤルモレンコはエースとして右サイドに君臨し、代表74試合で33ゴールをあげているドルトムントのプレイヤーです。

そのような影響もあり、10番のコノプリャンカを中心に左サイドから攻撃を組みたてていました。

ウクライナの攻撃は、基本的にサイド突破からの中央にクロスという王道パターンが多かったですね。

前半16分、
長友の手が滑りスローイング違反をとられます(笑)

日本も素早くプレスに行けていましたが、ウクライナは技術の高い選手が多く上手くパスを繋がれていました。

ウクライナのメンバーはシャフタールのメンバーが多く、シャフタールはヨーロッパのカップ戦でも活躍してるクラブです。

今年のCL決勝トーナメントもローマにアウェーゴールで敗れてしまいましたが、ローマ相手にかなり良いサッカーをしていました。

シャフタールウクライナ代表+ブラジル人助っ人というリーム構成になっています。

一人ひとりが日本よりも技術が高く、また組織面でも日本より優れていたと感じました。

前半20分、
ウクライナのラキツキーが遠い距離から放ったシュートがディフレクションとなり、ゴールに吸い込まれてしまいました。日本が先制されます。

前半26分、
香川が試合観戦しているのをカメラに抜かれていました(笑)

前半30分、
ウクライナが中央のドルブル突破からスルーパスでビッグチャンス。決定機でしたが、シュートは枠を外れます。

ウクライナはカウンターでの攻撃時、二列目の選手ががんがん上がっていくので観ていて面白かったですね。

日本はボールを奪ってもサイドからワントップの杉本へロングボールを出すので精一杯という感じでした。

前半41分、
柴崎のフリーキックから槙野のヘディングで同点に追いつきます。ブラジル戦でもセットプレーからのヘディングで点を取っており、頼りになるプレーヤーです。

去年のACLでもチームの軸として活躍していたので、ここ最近の槙野は本当に素晴らしいですね。

柴崎のフリーキックの精度も良く、遠藤の代わりの右利きのセットプレイキッカーとして期待できます。

前半はこのまま1-1で終了します。

後半のハイライト

ハーフタイムに交代はなし。

日本は守備陣がボールを奪った後に上手く繋げず、良い形をなかなか作れませんでした。

55分、
杉本→小林に交代します。

小林は出場早々からライン際を走りチャンスを作りだします。

58分、
原口が相手ペナルティエリア付近でウクライナ守備陣をかき回しますが、エリア内で倒れたのをダイブと判定されイエローカードを貰います。

64分、
本田→久保に交代します。

70分、
ウクライナがサイド突破からクロス、このボールをしっかり決めウクライナが勝ち越しに成功します。

78分、
柴崎→中島に交代します。

早速中島がフリーキックで良いボールを送りますが、これは味方に合わず。

80分、
長谷部→三竿に交代します。

85分、
中島が2本続けて良いシュートを放ちますが得点ならず。惜しいチャンスでした。

87分、
原口→宇佐美に交代します。

90分、
久保がゴール前で決定機を迎えますが、ディフェンダーに阻まれゴールならず。

アディショナルタイム、中島からの良いクロスが久保のもとに飛んでいきますが、上手くミートできず。

更にゴール前で中島が倒され、良い位置でフリーキックを得ます。シュートは枠内に飛びますが、キーパーがセーブ。

そのまま1-2で試合終了。ウクライナの勝利に終わります。

日本の右サイドについて

久保、浅野、本田といった右サイドの選手は一対一で相手を抜けないのでなんとも言えないですね。

それならいっそ乾を左に固定して、原口や中島を右サイドで試してみて欲しいような気もします。

もう試すような時間は正直ないのですが、それでも久保、浅野よりは原口右の方が良いなとは感じましたね。